JCASイメージ画像

地域研究イベント情報

 地域研究に関するワークショップやシンポジウム等の研究集会、一般講演やセミナー、その他各種イベント情報を広く掲載します。

最新の記事

タイトル 同志社大学シンポジウム基調講演「世界平和と共通イメージ」
開催場所 同志社大学今出川キャンパス良心館RY107教室
開催時期 2017 年 08 月 05 日 13 時 00 分 から 2017 年 08 月 05 日 15 時 00 分 まで
概要  世界イスラーム連盟は、サウジアラビアの聖地マッカに本拠を置く国際イスラームNGOです。1962年に設立された同組織は各国に設置されたイスラミックセンターを通じ、留学支援事業、イスラーム出版活動、モスク建設支援などを行っています。このたび、8月4日に比叡山で行われる「世界宗教者平和の祈りの集い」にメインゲストスピーカーとして招待されたのを機会に、本学とイスラーム研究において協力関係を進めたいとの趣旨でシンポジウムを実施いたします。
入場無料、事前申込み不要です。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。




タイトル Situating Universal Concepts to the Reality of Marginalized African Nomads: A Challenge for Area Studies of “Citizenship” and “Humanitarianism”
開催場所 Grand Global Hotel, Kampala, Uganda
開催時期 2017 年 08 月 18 日 10 時 00 分 から 2017 年 08 月 20 日 18 時 00 分 まで
概要 Abstract
The current reality of marginalized nomadic communities (i.e., refugees, immigrants, and nomadic pastoralists) in Africa has been overlooked by both national and international concerns and discourses. Since the colonial period, national and international frameworks of intervention have mainly been applied without regard for the views of marginalized people, which were consequently submerged by superficial global narratives. Many universal concepts of Western origin (e.g., human rights, democracy, justice, governance, citizenship, humanitarianism, resilience) have undoubtedly been imposed on African communities without examining the marginalized nomads’ local circumstances, resulting in even more confusion, conflict, and chaos on the ground.
The aim of this joint international workshop is to reconsider and recreate these Western universal concepts from the perspective of marginalized African nomads. First, it approaches the current complex reality of these communities with both field research evidence and the people’s opinions. Second, it attempts to recapture global narratives from the marginalized nomads’ perspective. This workshop is organized by mainly international and interdisciplinary researchers in area studies of Africa and representatives from the local communities.
This workshop focuses on two typical Western concepts: “citizenship” and “humanitarianism.” These are the most important concepts for the marginalized African nomads, accounting for many accompanying discourses and affecting their daily lives.
Most of the national and international interventions stemmed from a negative attitude towards the marginalized African nomads: “We have everything, they have nothing.” However, we do not presuppose that the universal concepts of “citizenship” or “humanitarianism” have never existed among African communities before and after intervention. Instead, we attempt to analyze and reveal how these critical concepts interrelate and intertwine the global and local contexts.
The objective of this workshop is to open up the possibility of reframing universal concepts of Western origin from the people’s perspective and creating truly universal frameworks that include non-Western perspectives.
タイトル 第5回国際北極研究シンポジウム The Fifth International Symposium on Arctic Research (ISAR-5)
開催場所 Hitotsubashi Hall​(Tokyo, Japan)
開催時期 2018 年 01 月 15 日 00 時 00 分 から 2018 年 01 月 18 日 00 時 00 分 まで
概要 地域研究コンソーシアムの皆様へ

日本北極研究コンソーシアム(JCAR)主催で2018年1月15~18日に東京で開催する第5回国際北極研究シンポジウム(ISAR-5)​のアブストラクト募集と参加登録案内をスタートしました。

北極及び北方研究に関わる皆様の積極的なご参加を期待しています。また、お近くにいらっしゃる関係のある方や学生さんなどへの声掛けにもぜひご協力をお願い致します。

この国際会議はもともとは極地研を中心として理学系ではじまりましたが、前回2015年の第4回から人文社会科学のセッションも含めています。セッションが確定し、現在はそれぞれのセッションの発表報告の募集で、要旨の〆切は8月31日です。

​以下にも概要を記載していますが、詳しくはISAR-5ホームページ(https://jcar.org/isar-5/)と添付2nd ​Circularをご参照ください。​

高倉浩樹@東北大 (代理投降 教育研究支援者 田中利和)
タイトル 学園創立70周年記念「知りたい!ラテンアメリカー大使による市民講座ー」
開催場所 京都外国語大学 森田記念講堂
開催時期 2017 年 06 月 30 日 13 時 30 分 から 2017 年 06 月 30 日 18 時 00 分 まで
概要 京都外国語大学は永年にわたりラテンアメリカに関する教育・研究に努め、今後ともこの地域に対する学生や市民の関心と理解を高めて行くことを使命としています。2017年は学園創立70周年に当たり、このような趣旨を生かすため70周年記念行事の1 つとして、ラテンアメリカの現状や日本との関係について、ラテンアメリカ7カ国の大使が学生・市民に直接語りかける講座を開催します。

La Universidad de Estudios Extranjeros de Kyoto ha contribuido a desarrollar la educación y la investigación sobre los países de América Latina durante los últimos años y seguirá reforzando la promoción de estos países entre los estudiantes de la Universidad
así como entre los ciudadanos de Kyoto.
En el año 2017 se celebra el LXX Aniversario de fundación de nuestra Universidad y como parte de las diversas celebraciones organizaremos un simposio con la participación de siete Embajadores latinoamericanos quienes nos darán a conocer sobre la actualidad de sus países y la relación con Japón.

A Universidade de Estudos Estrangeiros de Quioto, que durante os últimos anos tem contribuído muito para o desenvolvimento da educação e da pesquisa sobre os países da América Latina, pretende continuar reforçando a promoção desses países entre os estudantes da universidade assim como entre os cidadãos de
Quioto.
Em 2017, celebra-se o septuagésimo aniversário de fundação de nossa universidade. Como parte das diversas celebrações, organizaremos um simpósio com a participação de sete embaixadores latino-americanos, que nos darão a conhecer sobre a situação atual de seus países e suas relações com o Japão.
タイトル ユーラシア研究所第29回総合シンポジウムさまざまな<ロシア革命>―100年後のいま、ふり返る
開催場所 聖心女子大学宮代ホール 東京都渋谷区広尾4-3-1
参加費
開催時期 2017 年 07 月 15 日 13 時 00 分 から 2017 年 07 月 15 日 17 時 30 分 まで
概要 100 周年を迎えたロシア革命が、世界の歴
史研究の最先端でどのように評されている
かお話を伺います。次に、ロシア革命が世界
に残した足跡を、「女性」に焦点を当てて辿
ります。最後に、日本のロシア革命との関わ
りを「シベリア出兵」を通じて問い直します。
ロシア革命のいろいろな顔を知って、現代
にとっての意味を考えたいと思います。皆
様の「ロシア革命」評をフロアーからどしど
しお寄せください。お待ちしてます。