JCASイメージ画像

地域研究イベント情報

 地域研究に関するワークショップやシンポジウム等の研究集会、一般講演やセミナー、その他各種イベント情報を広く掲載します。

最新の記事

タイトル 教義の壁を越える:仏教徒とムスリムの相互理解における「並列主義」(Overcoming the Doctrinal Gap: Parallelism in Contemporary Buddhist-Muslim Perceptions)
開催場所 同志社大学 今出川キャンパス 至誠館3階 S34教室
開催時期 2017 年 10 月 27 日 15 時 00 分 から 2017 年 10 月 27 日 16 時 30 分 まで
概要 仏教とイスラームとの間には、至高神の存在を巡る議論など、しばしば教義的に隔たりがあるものとされている。しかし近年両教徒の間で、主要な概念や教義の類似性を指摘する新しいアプローチ(「並列主義」)が出現している。これは多宗教の神学における排他主義、包含主義、多元主義への追加的なカテゴリーとして提唱されうるが、用いられ方が異なっている。本講義では、代表的な学者達の見解を検討し、並列主義が用いられる要因とその意味について議論し、世界の宗教的多様性に関する教義的/神学的な論議においてそれがどのように位置付けられるかを探る。

”Overcoming the Doctrinal Gap: Parallelism in Contemporary Buddhist-Muslim Perceptions”

Buddhism and Islam are often regarded as doctrinally remote. In particular, the purported absence of a highest god who creates and governs the universe in the Buddhist worldview has often been regarded as an obstacle to dialogue and mutual understanding between Buddhists and Muslims. However, there has emerged a new approach among Buddhist and Muslim scholars to relate to each other by drawing parallels between major concepts and doctrinal tenets of Buddhism and Islam. I call this approach ‘parallelism,’ which I have put forward as an additional category in the classical three-partite typology in the theology of religions, i.e. exclusivism, inclusivism, and pluralism. The representative writers with a parallelist view are Alexander Berzin, a Tibetan Buddhist teacher and scholar of Buddhism from the US Rikyu Kono, a Jodo-shin Buddhist priest and scholar of comparative culture and Imtiyaz Yusuf, a Muslim scholar of religion/Islam based in Thailand. Typically, parallelism is motivated by the writers’ wish to overcome the psychological gap between Buddhists and Muslims created by perceived doctrinal remoteness between the two traditions, and to provide bases for inter-religious dialogue and mutual understanding, thereby promoting harmonious relations between Buddhists and Muslims. What is furthermore notable about parallelism is that is not an exclusive category someone who expresses a parallelist view in one occasion can elsewhere be found to express a pluralist or an inclusivist stance. This suggests that parallelism, rather than being a philosophical stance, serves a more practical, or even political, purpose. The present paper examines the views of the above-mentioned scholars, and discusses possible factors behind the parallelist approaches and their implications, exploring how parallelism can be situated vis-a-vis the doctrinal/theological discourse about the religious diversity of the world.
タイトル 一般公開国際シンポジウム「カナダ先住民の歴史と現状」
開催場所 国立民族学博物館 第4セミナー室
開催時期 2017 年 09 月 09 日 14 時 00 分 から 2017 年 09 月 09 日 16 時 40 分 まで
概要 2017年にカナダは建国150年を迎えた。国是は多文化主義であり、先住民はカナダの重要な構成員である。1982年のカナダ憲法において、カナダの先住民は「インディアン」、「メティス(メイティ)」、「イヌイット」であると規定されている。なお、「インディアン」は、現在では一般に「ファースト・ネーションズ」と呼ばれている。2011年の国勢調査によると、ファースト・ネーションズ、メティス、イヌイットの人口は、それぞれ約85万人、約45万人、約6万人であり、その人口はカナダ総人口の約4パーセントに相当し、増加の傾向が見られる。
カナダ先住民の歴史は、16世紀初頭のヨーロッパ人の到来と、その後の植民化と建国によって大きく変わった。その歴史の流れをヨーロッパ人との関係から見ると、独立期、接触期、共存期、被支配化・同化期、再自律化期に大別できる。再自律化にあたる1970年代半ば以降、カナダ政府の先住民政策は大きく転換し、特に近年では先住民による自治や政治的自律化の動きが県庁である。本シンポジウムでは、カナダ国家との関係に留意しつつ、カナダの先住民社会の歴史と現状について紹介し、議論する。
最初にアラン・マクミランがカナダ先住民全般とブリティッシュコロンビア州の先住民の歴史と現状について基調講演をした後、太田和子がカナダ東部におけるフランスからの入植者であるアカイディア人と先住民の関係について、山口未花子がユーコン準州のカスカ社会について、岸上伸啓が極北地域と都市部のイヌイット社会について、そして齋藤玲子が日本のアイヌ民族とカナダ先住民との文化交流について報告する。その上で、カナダの先住民社会の歴史と現状について検討を加える。
タイトル 国立民族学博物館 第472回みんぱくゼミナール「多文化主義の国カナダにおける先住民文化」
開催場所 国立民族学博物館 講堂
開催時期 2017 年 09 月 16 日 13 時 30 分 から 2017 年 09 月 16 日 15 時 00 分 まで
概要 さまざまな民族が共生するカナダは、2017年に建国150周年を迎えます。先住民と国家の歴史は、対立と妥協の繰り返しでした。同国の多様な先住民文化の歴史と現状を国家との関係に着目しながら紹介します。
タイトル 国立民族学博物館 秋季企画展「カナダ先住民の文化の力―過去・現在・未来」
開催場所 国立民族学博物館・本館2階企画展示場
開催時期 2017 年 09 月 07 日 10 時 00 分 から 2017 年 12 月 05 日 17 時 00 分 まで
概要 多様な民族が住むカナダは、2017年に建国150周年の節目を迎えます。建国以前からその地に住んできた人びとは、カナダ先住民と呼ばれています。彼らはヨーロッパ人との接触を契機として大きな社会変化を経験しましたが、独自の文化を継承するとともに、あらたに創り出してきました。本企画展では、カナダの北西海岸地域、平原地域、東部森林地域、亜極北地域、極北地域における多様な先住民文化を紹介します。
タイトル 同志社大学シンポジウム基調講演「世界平和と共通イメージ」
開催場所 同志社大学今出川キャンパス良心館RY107教室
開催時期 2017 年 08 月 05 日 13 時 00 分 から 2017 年 08 月 05 日 15 時 00 分 まで
概要  世界イスラーム連盟は、サウジアラビアの聖地マッカに本拠を置く国際イスラームNGOです。1962年に設立された同組織は各国に設置されたイスラミックセンターを通じ、留学支援事業、イスラーム出版活動、モスク建設支援などを行っています。このたび、8月4日に比叡山で行われる「世界宗教者平和の祈りの集い」にメインゲストスピーカーとして招待されたのを機会に、本学とイスラーム研究において協力関係を進めたいとの趣旨でシンポジウムを実施いたします。
入場無料、事前申込み不要です。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。